人気ブログランキング |

「大手食品企業のCSRの第三者評価と先進的な対応」への反応(サステナビリティー、SDGs、ESG、CSV、KGI、KPI)

2019年11月4日にトランプ大統領は「パリ協定」からの離脱を国連に正式に通告した。大国としての責務から逃れることにより、大国としての権威の失墜につながる暴挙と言える。これに対し、小泉環境大臣も呆れているようで、翻意を促せないと発言している。ごもっともなことだ。

かって用水削減の方法を聞いてきた現役の知人に「大手食品企業のCSRの第三者評価と先進的な対応」をPDFで送付したところ、「KPIの数値目標を求められており、頭が痛い。」と連絡があった。

事業の長期的な目標を表す尺度の「KGI」(Key Goal Indicator:重要目標達成指標)に対する「KPI」(KeyPerformance Indicator:重要業績評価指標)であるが、海外のグローバルな大手食品企業を調査したところ、この「KGI」には「水」への対策が必ず入っている。これに対し、国内の大手食品企業は、この意識が非常に乏しく、目標にすら掲げていないのが現実である。

国内にあっては、災害などにより地域社会が、また、驚くことだが羽田空港が断水すると、「水」が「電気」以上に、生活になくてはならないものとして、大きく取り上げられるが、一時的なものに終わる。一方、海外の企業はグローバルに事業活動していることから、グローバルな視点で「水」を扱っているということである。

天皇が「水」に注目されていると同様に、国内にあっても、食品企業の経営者にも、そういう意識が欲しいものである。


by ecospec33 | 2019-11-07 09:36 | ●CSRと環境対策  

大手食品企業のCSRの第三者評... >>